交通事故が起きたら

交通事故、初期対応の4つの鉄則
 
1.人=左
  ケガ人が後続車等に再度ひかれぬように容体を見て動かせるようなら道路左端へ。
救護義務を怠ると懲役や罰金を受けます。
2.車=左
  渋滞や二重、三重の事故を避けるため、車を左へ。
3.110番
  必ず110番へTEL。
通行人に依頼してもかまいません。
110番時にケガ人がいる旨伝えれば、119番はいりません。
保険手続きをするためばかりでなく、自分を守るためにも警察の事故証明が必要。
4.その場での示談は絶対しない
 

あわてている事故現場で示談は禁物。
法外な賠償金を要求される事があります。
「私がすべて支払います」などと念書に書くと、後で大変面倒な事になります。

もし、示談を強要されたら、
「この事故の解決は保険会社に一任致します。」と書いてください。


交通事故報告のポイント
   
Point 初期対応が終わったら、現場から下記電話番号に事故報告していただくか、
Tel : 03-3294-2844
 
Point 帰られてから事故報告書を記入し、菱栄株式会社へお電話もしくはFAXしてください。
Tel : 03-3294-2844
Fax: 03-3294-2847
 
Point 下記の点は現場で必ず確認してください。
★5W1Hは漏れなく。

1 いつ ・・・ 事故発生の年月日、時間
2 どこで ・・・ 事故発生場所
3 だれが ・・・ 運転者名、車名、ナンバープレート番号
4 だれと ・・・ 相手方の氏名、電話番号、住所
相手方の車名、ナンバープレート番号
5 どうして ・・・ 事故状況
6 どうなった ・・・ 現在までに取った処置、病院名
7 届け出警察 ・・・ 警察署名、担当官名

 
 
 
菱栄は創業50有余年。過去20年間では約6,500件の事故を取り扱いました。
これからもお客様の代表として、お客様の立場にたった代理店を続けてまいります。
無断での使用・複製は禁じます。
承認番号:AIU-首-14-A30007
記載内容はAIU社商品に基づきます。
菱栄株式会社
〒101-8446 東京都千代田区神田錦町 1−13 宝栄錦町ビル7階
電話:03−3294−2844 FAX :03−3294−2847